スクールユニフォーム

お手入れ方法

毎日のお手入れ方法

毎日のお手入れは「ハンガー&ブラッシング」が基本!
  • 家に帰ったらユニフォームをハンガーに掛ける(型崩れ防止)
    ・ジャケット・・・肩のラインにフィットする厚みのあるハンガーに掛ける
    ・パンツ・・・裾を上にしてハンガーに吊るす
    ・スカート・・・ハンガーをウエストベルトに掛けて吊るす

※シワが酷い場合は霧吹きで水をかけるか寝押しでOK!

  • ハンガーに掛けたままブラシをかける
    上から下へ生地の布目にそってホコリをかき出すように軽くブラッシング

テカリが出てきたときは

ブラッシング&スチームアイロンでOK!
  • 汚れをブラシ等でキレイに落とす(汚れが酷い場合は洗濯しましょう)
  • ブラシで生地の表面を軽く毛羽立たせる(硬めの歯ブラシでもOK!)
  • 当て布をしてスチームアイロンを掛ける(スチールアイロンが無い場合は、ぬるま湯で絞ったタオルを当て布にしてもOK!)

雨に濡れたときは

型くずれ、カビ、ニオイの原因になるので速やかに乾かしましょう!
  • ハンガーに掛けて形を整え、風通しの良い所で陰干しする(ドライヤーでもOK)
  • 乾いたタオルを下に敷いて叩くように水気を取る

ニオイや汚れが付いたときは

シミや汚れが付いたら早めの処置が大切!!時間が経過すると汚れが取れにくくなります!
  • タオルを下に敷き、水もしくは薄めた中性洗剤で上から軽く叩く
  • 最後に水で絞ったタオルで叩き、軽くシミの周りをぼかすと綺麗に仕上がります

▲ページのTOPへ戻る

ユニフォームのアイロン掛け

毎日、制服を美しく着るためには、こまめにシワ取りをしてあげましょう!
アイロン掛けをする事によりユニフォームがふっくらし、防臭効果もあります
  • ・その日のうちにアイロンや蒸気を当てる
  • ・アイロン掛けには必ず当て布を使いましょう(生地を傷めずテカリ防止になります)
  • ・アイロンの温度は中~低温を目安に、服より5~10cm離して蒸気を当てるイメージで

クリーニングに出すときは

衣替えで長期保存する場合はクリーニング店に出しましょう!
  • クリーニングに出す前に・・・(まずチェック)
    ・ポケットに物がはいってないか
    ・生地のほつれ、ボタンはしっかりついているか
    ・シミ・汚れが付いている場合、場所とシミの原因を伝える
  • クリーニングに出す目安は季節の終わりに1回ずつ(年2回)
  • クリーニングから戻ってきたら・・・(保管方法)
    • 必ずカバーを取り、風通しの良い場所で丸1日陰干ししましょう
      クリーニング店で掛けたカバーは保管用ではありません
      そのままにしておくとカビの原因になります!
    • 必ず防虫剤を入れて制服の型崩れを防ぐために、ハンガーとハンガーの間をあけて収納しましょう

洗濯表示タグ

代表的なユニフォームの取扱いマークの表示についてまとめました。
大切なユニフォームをいつまでもキレイに着るために、表示マークをご確認の上、洗濯していただくことをおすすめします。

水洗い
液温は40℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。
液温は40℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いが良い。
液温は30℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いが良い。洗剤は中性洗剤を使用する。
液温は30℃を限度とし、弱い手洗いが良い。
洗剤は中性洗剤を使用する。
水洗いはできない。
ドライクリーニング
ドライクリーニングができる。溶剤はパークロエチレンまたは石油系のものを使用する。
ドライクリーニングができる。溶剤は石油系のものを使用する。
ドライクリーニングはできない。
塩素漂白
塩素系漂白剤による漂白はできない。
アイロン掛け
アイロン掛けは、中程度の温度で掛ける。
140℃〜160℃まで。
アイロン掛けは、高い温度で当て布をして掛ける。180℃〜210℃まで。
アイロン掛けはできない。
絞り方
手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は、短時間で絞ること。
絞ってはいけない。
干し方
吊り干しにする。
日陰で吊り干しにする。
日陰で平干しにする。

▲ページのTOPへ戻る